So-net無料ブログ作成

「プレデターズ」(2010)

見たかったヤツ。
何時まで経っても貸出中だから、いっそアイチューンストアでレンタルしようかと思ったくらい。
なんかギャラの高いのが顔見せだけですぐ死ぬ感じだな。
ダニー・トレホとかローレンス・フィッシュバーンとか。
エイドリアン・ブロディだって安かないんだろうけど。

プレデターたちはいつもよその星に行っちゃ狩りや(自分のを含めて)死を楽しんでたわけですが、今回は狩場に、いろんなジャンルで人殺しに長けたおもしろげな獲物を連れてきての観光ハンティングツアーっぽい。生け簀の釣りというか。AVP1の成人儀式でオトナになるためにエイリアンと戦わされる人生のかかった厳しさのある戦いに比べると、おっさんプレデターたちの週末の趣味な感じ?
獲物の一人に喝破されたように愛犬を連れての、キツネ狩りとかうずら狩りくらいの簡単な楽しみなのかも。
ハンターが遊び半分だから、あんまり怖くないというのが残念ちゃ残念。獲物もがんばったらなんとかなるかも感が映画全体に漂ってて。
PG12がついているけど、残酷さとか怖さとかあんまり感じ無かったなぁ。皮をむかれてキャンプに吊るされてる獲物や、なめされてるその皮に無神経になってるだけかも知れないけど。もっと怖くていいんじゃないかな。

一番怖くて絶望的だったのはロシュの限界を超えて見える舞台の風景でした(笑)

単に登場人物全員人殺しだから小学生は保護者同伴でって配慮なのかな。みんなで歩いてる以外の、食事や行軍のサバイバル表現もっと見たかったな。あの状況ならあの「犬」を…とか、プレデターのキャンプにはいい具合に皮むきと血抜きをされた何かもぶら下がってたし。

あと、獲物は皆地球では自分たちが怪物扱いされる兵士や傭兵、殺人犯、ヤクザetcなんだけど、妙に行儀が良かったのも物足りない。チームワークは良いし、喧嘩は少ないし、人種差別も身内の対立も形ばかり、レイプ犯も口ばっかりで怖くない。「コン・エアー」でペドやったブシェミのマジでやらかすかも感無し。イスラエル兵のスナイパーがいるならアフリカの民兵や南米のギャングだけじゃなくイスラム系のキャラも配置して欲しかったな。カラダに爆弾まいてるタイプとか。
…は、政治的に無理か!「ブルーノ」はやってたけどな。(贅沢言ってすみません)

AVP1でプレデターとエイリアンの戦いに巻き込まれるのは良設定。
個人的に一番キュッとしまってて好ましい脚本は街中で刑事のダニー・グローヴァーが戦う純粋プレデターの2。
でも本作も嫌いじゃない。次があっても良い。また違う設定で楽しませてもらえるなら大いに付き合いたい。

とりあえず次はプレデターの出てこない(多分…)純粋エイリアンシリーズの新作を来年くらいには見れるのかな?

もう少し早くヤクザの順番が回ってきたらプレデターのコレクションが見れたのかな。「羊たちの沈黙」的な。
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 1

ピロEK

おじゃまします。
今回のように、プレデターのキャラの設定を正しく生かせば色々と面白そうな話が作れそうですね。
「AVP」がダメダメだったので面白かったです。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

by ピロEK (2011-02-27 17:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。